t-PA治療(経静脈的血栓溶解療法)を行っている医療機関の検索

t-PA治療(経静脈的血栓溶解療法)を行っている医療機関検索システムの目的

脳卒中には、血管が詰まる「脳梗塞」、脳内の細い血管が破れて出血する「脳出血」、脳動脈瘤が破れて脳表面に出血する「クモ膜下出血」があります。 このうち、これまで根本的な治療がないとされてきた「脳梗塞」が最も多く、さらに高齢化や生活習慣の欧米化に伴って増え続けています。

こうしたなか、脳梗塞に対する効果的な治療薬である血栓溶解薬(t-PA:ティーピーエー)が開発されました。わが国では平成17年10月から医 療保険が適用されています。しかし、残念ながら、わが国では今のところ、ごく一部の患者さん(脳梗塞患者の約5%)しか、この有効な新しい治療を受けてい ないのが現状です。この治療は発症4時間30分以内に開始しなければなりません。つまり、発症約3時間30分時間以内にt-PA治療を直ちに実施できる医 療機関に到着する必要がありますが、間に合う患者さんが少ないのです。

そこで、少しでも多くの方にt-PA治療を行っている病院を知っていただくために、日本脳卒中協会が調査し、一定の公表基準を満たした医療機関を検索できるようにしました。

この検索システムをご利用いただく上での注意

この検索システムは、日本脳卒中協会が脳卒中急性期医療を行っている医療機関に協力をお願いし、t-PA治療の実施状況、治療実績などを伺い、その中から一定の基準を満たした医療機関のみが示されています。

この検索システムは2011年1月にスタートしたところで、適正なt-PA治療を実施しているにもかかわらず、リストに漏れている医療機関があります。脳卒中協会では今後も多くの病院とのコンタクトを図り、協会の調査公表指針に従ってリストを更新してまいります。

尚次の場合、都道府県等が公表しているt-PA治療を行っている医療機関リストと本検索システムの医療機関リストは、一致しないことがあります。

 1)日本脳卒中協会が当該医療機関の診療情報等公開に必要な情報を確認できていない場合
 2)行政等の公開基準と日本脳卒中協会の公表基準が異なる場合

>>> t-PA治療(経静脈的血栓溶解療法)を行っている医療機関検索する

医療機関の方々へ

 ご勤務されている医療機関(東京都を除く*)が脳梗塞に対するt-PA治療を実施しておられ、この検索システムで表示されていない場合、日本脳卒中協会まで、メールあるいはファックスでご連絡ください。

*東京都については、調査を行っていないため。