脳卒中の症状

脳卒中の症状
(音声でお聞きいただけます TEL.06-6629-9000)

 脳卒中の症状は様々ですが、共通している特徴は、突然生じることです。大部分が症状の始まりを、「何時何分から」というように特定できます。

 脳卒中には、脳へ血液を送る血管がつまる脳梗塞、脳の中で細い血管が破れる脳出血、そして、脳の太い血管の一部がふくらんだコブ、つまり動脈瘤が破裂して脳の表面に出血が拡がるくも膜下出血があります。脳梗塞と脳出血は、脳の一部の働きを突然失うため、症状がほぼ共通しており、くも膜下出血の症状とは異なります。

 まず、脳梗塞と脳出血の代表的症状について、説明します。最も多いのは片麻痺で、顔の右か左の半分、片方の手・足が突然に動かなくなります。同じ部位の感覚が鈍くなったり、しびれが生じたりすることもあります。両側の指先が徐々に、あるいは時々、しびれるような場合は、脳卒中の症状ではありません。

 次に多いのは、言語障害です。すなわち、突然、呂律が回らなくなったり、言葉が出なくなったり、相手の言葉を理解できなくなります。

 また、失調と言って、手足の麻痺はないのに、急に足元がふらついて、立ったり、歩いたりできなることもあります。

 目の症状が生じることもあります。例えば、突然に片目の視力がなくなったり、視野の一部が見えなくなったり、物が二重に見えたりします。

 これらの症状に加えて、意識状態が悪くなることもあります。軽い場合は、なんとなくぼんやりしている、という印象ですが、重症の場合は、強く呼びかけたり、つねったりしても、目を閉じたままで反応がありません。

 次に、くも膜下出血の症状ですが、今までに経験したことのない激しい頭痛が特徴的です。重症の場合は意識障害も生じます。頭痛の強さは発症時にピークに達し、その後も痛みは持続します。同時に、嘔吐することもしばしばです。「最近なんとなく頭が痛い」、といったように、開始時刻を特定できない場合は、くも膜下出血ではないでしょう。

 脳出血の場合も頭痛を伴うことがありますが、その場合は、先ほど申し上げた片麻痺、言語障害、失調、視覚障害などを伴っています。

 以上、脳卒中の症状について、簡単に説明致しました。脳卒中が疑われる場合は、救急車を呼ぶなどして、一刻も早く、専門的な病院を受診してください。