脳卒中対策の法制化に向けた取り組み

脳卒中対策基本法要綱案を提案いたします!

 社団法人日本脳卒中協会は、平成20年に脳卒中対策検討特別委員会を設置し、総合的かつ計画的な脳卒中対策について検討を開始しました。

 平成20年の委員会では、脳卒中対策立法化の必要性と、それについて、医療関係者のみならず、広く国民の理解を得る必要性が指摘されました。

 平成21年の委員会では、「脳卒中対策基本法要綱案」(要綱案とは法律のもとになる骨子)の内容について、広く脳卒中関連9学術団体、4職能団体の代表をはじめとする関係専門家を招いて検討を続けてまいりました。

 この度、ようやく、その内容がまとまりましたので、以下の通り、公表いたします。

脳卒中対策基本法要綱案(PDF)