心房細動からの脳梗塞予防に抗凝固薬を服用される患者さんへ

心房細動は脳梗塞の原因です

どうして脳梗塞の原因なの?

心房細動が続くと心臓から血液がうまく拍出されず、心房内で血液がうっ滞して血のかたまり(血栓)ができやすくなります。この血栓が脳に運ばれ脳の太い血管を詰まらせると、脳梗塞が起こります。

脳梗塞は危ないの?

心房細動が原因の脳梗塞は、血栓が脳の太い動脈を詰まらせるため脳の広い範囲が障害を受け、ひどい時には死に至ります。
また一命をとりとめても重度の障害が残ったり、寝たきりになることがあります。

とくに、こんな心房細動患者さんでは脳梗塞が起こりやすくなります。

  • 高齢(75歳以上)
  • 高血圧
  • 心不全
  • 糖尿病
  • 脳卒中(脳出血、脳梗塞)の既往