心房細動からの脳梗塞予防に抗凝固薬を服用される患者さんへ

心房細動患者さんは、脳梗塞を予防するために、抗凝固療法を行う必要があります

心房細動は脳梗塞の原因になるため、高血圧や糖尿病などの基礎疾患や心房細動自体の治療のほかに、抗凝固薬を用いて脳梗塞を予防するための治療も行う必要があります。

抗凝固薬は、血が固まりやすくなっている状態を改善し、血栓ができるのを防ぎます。
心房細動患者さんは心房内で血栓ができやすく、脳梗塞が起こりやすい状態にありますが、脳梗塞を予防するためには、抗凝固薬をきちんと服用することが重要になります。

抗凝固薬には「ビタミンK拮抗薬(ワーファリン)」と「ダビガトラン(プラザキサ)」などがあります。どちらも心房細動が原因で起こる脳梗塞の予防に対して有効な薬です。ただし、それぞれ特徴が異なるため、その特徴をしっかり理解したうえで、服用を継続することが大切です。

抗凝固薬はご自分の判断で飲むのを止めてしまったり、薬の量や回数を変更したりすると、出血したり、脳梗塞を予防できないことがあるので、医師の指示通りに服用することが重要です。